本文へ移動
医療法人秀山会 
白峰クリニック

〒330-0071
埼玉県さいたま市浦和区上木崎4-2-25
TEL.048-831-0012
FAX.048-831-1310
1
7
7
5
6
7

うつと不安のデイケア

うつと不安のデイケア

うつと不安のデイケア は、

回復のための養生から、 
対人関係トレーニング、 復職支援(リワーク)
 
などを通じて、
社会参加をトータルにサポートするデイケアです。

内容は、
ウォーキングや気功、スポーツなど身体を動かすプログラムや、
認知行動療法(CBT)や社会生活技能訓練(SST)、ミーティングなど考えるプログラムなどが
あります。
 
目的に応じて、プログラムを選択して、社会参加を目指します。
 
 
リワークコースは、 

「朝、なかなか起きられない」

「外出しなきゃいけないが、おっくうでできない」

「会社に出勤するとき、起きられるか不安」

 

などの体調にある方が、

心身の体力回復をはかるために、リワーク(復職支援)を利用されています。

 

 

クリックすると拡大します
白峰クリニック
目的によって、3つのコースを設けています。

それぞれのコースに、プログラム選択の参考例がありますので、オリエンテーションのときに担当者にご相談ください。

生活養生コース:回復前期の方が、考えごとを棚上げしながら、緩やかに人との交流をしていくコース。
 
対人関係トレーニングコース:人との付き合い方で、悩みを抱えている方が、自分の対人関係をふりかえり改善し、社会参加をめざすコース。
 
リワーク(復職支援)コース:休職中の方が、在籍の会社に復職することを目指したコース。

 
― 見学や参加を希望される方は、主治医、個別担当にご相談下さい。
なお、主治医を白峰クリニック以外にお持ちのかたのデイケア利用も可能ですので、電話でお問い合わせください。

 
◎デイケア活動日は月曜日から金曜日の9:30から16:30です。
◎場所は1階デイケアスペースです。
 
 
 

◇◆◇プログラムご案内◇◆◇ 平成29年4月より

10:15

午前

12:30
朝の会
気功 ウォーキング 外へ出てみようリワーク
プログラム
13:30

午後

15:15
健康プログラムSST 調理と創作就労ミーティング ゲーム対人関係
ミーティング
終わりの会

10:15

午前

12:30
朝の会
サイコドラマ
集団CBT
認知療法
グループワーク
スポーツ
13:30

午後

15:15
アート時事Reading
振り返り
ミーティング
ミーティング
終わりの会

各プログラムの概要

SST
社会生活技能訓練(Social Skills Training:SST)を行います。 なやみ事について、一つのテーマをグループ全体で検討し、スキルアップを目指します。
ゲームカードゲームやボードゲームをして、ゆるやかに人と関われるようにします。また、ゲームを通じて集中力の回復をめざします。
ウォーキング月2~3回は、畑へのウォーキングと畑作業、その他近場の外出で、心身の体力回復を 目指します。
調理と創作季節のものを五感を使って味わい、共同作業を通じて社会性の回復を目指します。
ミーティング回復に向け、自分自身の体験を振り返り、行動や思考、感情を言葉にする、また、 他のメンバーの話を聴く時間です。
時事Reading新聞記事の要約と発表を行って、思考の活性化を目指します。
外へ出てみよう社会資源の見学やレクリエーションを行なって、社会体験をします。
健康プログラム自分の体や心の声に耳を傾け、よりよく体調管理ができるようになるための知識習得と簡単にできるワークを行います。
認知療法グループワークマイナス思考や認知の歪みに気づいて、プラス思考に変えていき、自信や自己肯定感を高めていきます。
集団CBT/サイコドラマ
コミュニケーションワークを使って、思考の柔軟性を回復させる認知行動療法と、こころにあるものをドラマにして表し、自発性と想像性を回復させるサイコドラマを隔週で行います。(Cognitive Behavoiral Terapy:CBT)
アート各自でアートに関する作業に取り組み、集中力と持続力、表現力の回復を目指します。
スポーツ身体を動かして、体力の維持や回復をはかります。 内容は、卓球やソフトボール、ソフトボール、フロッカー(カーリングに似たスポーツ)です。週ごとに違うスポーツを行います。
ふり返りミーティング一週間の生活をふり返って、今後の生活を考えます。
リワークプログラム復職に向けて、必要なスキルのトレーニングやグループワーク、ミーティングなどを行います。

リワークについて

リワークの内容

 
  • リワークプログラムは、復職を目指す仲間と情報交換をしながら、職場復帰のプロセスを進めていきます。
 
  • 職場復帰に向けて、まず生活リズムを整え、心身の回復をはかります。例えば、朝すっきり起きられない方は、週1日から、また人の輪の中に入ることに戸惑いがある方は、ゆるやかなプログラム(健康プログラムやゲームなど)から参加していただいています。
 
  • 生活リズムを整える過程で、ウォーキングやスポーツのプログラムに参加して、体力回復を図ります。徐々に参加を増やして、週に5日、リワークに出席することも体力回復に役立ちます。
 
  • 時期を見て、認知行動療法やSST、対人関係ミーティングなどの、コミュニケーション力を回復させ、再発予防のためのプログラムに取り組みます。
TOPへ戻る